スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ニセコ町】羊蹄山の眺め 

P6250079.jpg

今回の写真はニセコ町から、羊蹄山の眺めです(撮影場所はこちら)。

ニセコや倶知安など、羊蹄山麓といえばジャガイモ畑が有名です。花が咲くまではもう少しかかりそうですが、7月中旬にもなれば満開になると思います。

ところで、倶知安町のHPの中に、じゃがいもの開花状況をリアルタイムで伝えてくれるページができました(リンク)。これからの時期、撮影や観光で出かける際に役立ちそうですね。

*当たり前ですが、畑には入らないようにしましょう!

e_02.gif
よろしければクリックお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト
[ 2006/06/30 22:39 ] ニセコ周辺 | TB(0) | CM(0)

モエレ沼公園(2) 

P6260481.jpg

前回の続きです。

この公園で最も人気があるのが、この「海の噴水」。10月中旬までの毎日数回、約40分間運行されます。美しく迫力のある噴水で、いちどは見る価値があると思います。

今後の運行時間は以下の通りです。

6~8月
平日 
13:15/16:15/19:15(L)  
土・日・祝
10:30(S)/13:15/16:15/19:15(L)
9~10月
平日
13:15/16:00(S)/18:30(S)(L)
土・日・祝
10:30(S)/13:15/16:00(S)/18:30(S)(L)
*(S)…ショートプログラム(15分間)
*(L)…ライトアップ


e_02.gif
よろしければクリックお願いしますm(_ _)m
[ 2006/06/30 00:26 ] 札幌・石狩地方 | TB(0) | CM(0)

札幌・モエレ沼公園(1) 

P6102810.jpg

P6102878.jpg

今回は、札幌・モエレ沼公園からお届けします(地図)。

この公園の見所はいくつかありますが、その一つが、通称「モエレ山」。上まで登るのは少し大変ですが、そこからは札幌市内を一望でき、なかなか良い眺めが楽しめます(写真1/写真2)。

なお、1枚目の写真はモエレ山の上へ登る途中に写したもの、2枚目は公園入口から山と沼を写したものです。

e_02.gif
よろしければクリックお願いしますm(_ _)m
[ 2006/06/30 00:03 ] 札幌・石狩地方 | TB(0) | CM(0)

洞爺湖ロングラン花火 

P6250169.jpg

P6250191.jpg

洞爺湖温泉街(地図)では、4月下旬から10月下旬まで毎日打ち上げられる花火が、毎年の恒例イベントとなっています。

今年は10月31日までの開催で、毎晩20:45~21:05の20分間、約400発が打ち上げられます。どの宿に泊まっても見やすいように、少しずつ船で移動しながら打ち上げられるので、撮影場所に迷うのですが、今回はここで撮影してみました。また行く機会があれば、違うアングルから撮ってみたいと思います。

なお、花火鑑賞用の遊覧船も運航されており、湖上から花火を見ることも出来ます(大人\1,500、子供\800)。

e_02.gif
よろしければクリックお願いしますm(_ _)m
[ 2006/06/29 00:14 ] イベント情報-夏 | TB(0) | CM(0)

【由仁町】ゆにガーデン~vol.3 

P6260274.jpg

P6260224.jpg

ゆにガーデン編、ラストは「接写」です。

1枚目:インナーガーデンで見かけた花のアップをソフトフォーカス風に
2枚目:屋外で元気に飛び回っていた蜂です

三脚を使わずに接写するときは、つい息を止めてファインダーを覗いてしまうので、たまに酸欠状態になることがあります(笑)


以上、3回に分けてゆにガーデンでの写真を掲載しましたが、次回からはまた違う場所の写真をお届けしてゆきたいと思います☆

e_02.gif
クリックして頂けると励みになりますm(_ _)m
[ 2006/06/28 23:46 ] 【道央】空知地方 | TB(0) | CM(0)

【由仁町】ゆにガーデン~vol.2 

P6260248.jpg

P6260195.jpg

前回の続きで、ゆにガーデンでのヒトコマです。今回は「緑」を意識して選んでみました。

1枚目:園内にあったウサギのオブジェ(このアングルだとピカチュウに見えますかね…w)。

2枚目:芝生内にあったベンチを撮影。ベンチはけっこう好きな被写体だったりします。


ここは花以外にも被写体になるものが多いので、写真好きとしてはとても楽しいです。ゆにガーデン編、あと1回アップしますね☆

e_02.gif
クリックして頂けると励みになりますm(_ _)m
[ 2006/06/28 00:13 ] 【道央】空知地方 | TB(0) | CM(0)

【由仁町】ゆにガーデン~vol.1 

P6260258.jpg

P6260351.jpg

昨日は、ブログ仲間のbluesenseさん、chopperさん、AIMEEさんほか計6人で、由仁町の「ゆにガーデン」へ行ってきました(地図

ちょうど入れ替わりの時期なのか、まだ花の植えられていない場所も目立ちましたが、天気にも恵まれ、十分に楽しめました。

撮ってきた写真は3回に分けてアップしたいと思いますが、今回は「花と青空」をテーマに2枚。久しぶりの好天、やはり青空の下での撮影は気持ちがいいものです。

e_02.gif
クリックして頂けると励みになりますm(_ _)m
[ 2006/06/27 19:38 ] 【道央】空知地方 | TB(0) | CM(0)

共和町・長沼 

P6250102.jpg

P6250112.jpg

先日、神仙沼(リンク)をご紹介しましたが、今回の写真は、その神仙沼から徒歩約15分の「長沼」です(地図)。

道道66号線沿いの駐車場から、神仙沼への遊歩道を10分ほど進むと分岐点があり、そこから標識に従って右に600Mほど進むと到着します。

最も賑わう紅葉シーズンは水量が非常に少ないことが多いのですが、今の時期は雪解け水のせいか、かなりの水量があり、神仙沼にひけをとらない美しさがありました。

e_02.gif
クリックして頂けると励みになりますm(_ _)m
[ 2006/06/27 01:33 ] ニセコ周辺 | TB(0) | CM(0)

神威岬ではエゾカンゾウが見頃☆ 

P6250013.jpg

P6250039.jpg

神威岬はちょうど1ヶ月前にも取り上げましたが(リンク)、今の時期、ちょうどエゾカンゾウが満開です。

岩の斜面が黄色い花で鮮やかに彩られ、とても良い景色でした。7月下旬までは、見頃が続くようです。


しかし、信じられない光景も。観光客の年配の女性が、柵から身を乗り出して、花をもぎ取っていったのです…。
楽しい旅行は大いに結構ですし、観光で賑わうこと自体は良いことなのでしょうが、それもマナーを守ればこその話。まして、ここは自然公園内なので、草花の採取は法律で罰せられます。添乗員さんが慌てて注意してましたが、困ったものですね…。

e_02.gif
よろしければクリックお願いしますm(_ _)m

白銀の滝 

P6183357.jpg

P6183367.jpg

日本海沿岸の国道231号線・「雄冬岬」近辺にあるのが、「白銀の滝」です(地図)。

この国道沿いにはいくつか滝があるのですが、その中でも最も有名で、美しい滝です。しかし、この国道が開通するまでは、地元の人しか目にする機会のないような滝でした。この近辺は断崖絶壁が続き、国道が開通するまでは「陸の孤島」だった為です。

そして難工事を経て、昭和56年にやっと道路が開通したのですが、それを記念して「白銀の滝」と命名されました。今では、ドライブ途中に立ち寄る人の多い、れっきとした観光名所になっています。

落差は約40M。北海道の他の有名な滝に引けを取らない迫力がありました☆

e_02.gif
よろしければクリックお願いしますm(_ _)m
[ 2006/06/24 23:59 ] 【道央】空知地方 | TB(0) | CM(0)

青山ダム 

P6183325.jpg

石狩・当別町の道道28号線を北上して行くと左手に現れるのが、この「青山ダム」です(地図)。

この場所からは遠くに暑寒別の山々を望むこともでき、思った以上に良い景観でした(写真)。この日は風が強かったのですが、無風であれば水面に雲が映り込んで、さらに美しい眺めになっていたかと思います。

なお、この地域一帯は「道民の森」として知られていますので、訪れる方も多いようです。

e_02.gif
よろしければ一票お願いしますm(_ _)m
[ 2006/06/23 23:44 ] 【道央】空知地方 | TB(0) | CM(0)

雲海のせまる海 

P6183383.jpg

前回はドイツの写真でしたが、今回からまた通常どおりです。でも、これからも月イチくらいで、北海道以外の写真も載せて行きたいなと思ってます☆


今日の写真は、先日の日曜日に、石狩から留萌へ向かう途中でたまたま見かけた風景です。海を覆う霧が、まるで雲海のようになって少しずつ海岸に近づいていました(撮影場所はこちら)。

ところで、この日以来ずっと天気が悪く、写真を撮るにもイマイチな感じです。まるで北海道にも梅雨が来たみたい(^_^;)
早くカラッと晴れて欲しいものですね。

e_02.gif
よろしければ一票お願いしますm(_ _)m
[ 2006/06/22 23:59 ] 写真全般 | TB(0) | CM(0)

【W杯便乗企画】ドイツの街並み 

hb.jpg

DSCN0469.jpg

たまには気分転換に北海道以外の写真も載せたいなと思っていたのですが、ちょうどサッカーのワールドカップ期間中ということもあり、便乗してドイツの写真を載せてみることにしました(^^;)

ここは一般的には北海道よりやや暖かく乾燥した気候で、特に夏期は過ごしやすい国です(東西南北で気候はもちろん、気質や言葉の訛りも微妙に違ってきますが)。やや厳格で、時間に対してもきっちりしているドイツ人気質は、日本人としては馴染みやすいものがあると思います。そんなドイツの街を、今回は2ヶ所ピックアップしました。

1枚目:北ドイツの大都市・ハンブルク。
ドイツでも数少ない港町の一つで、独特の活気があります。ベルリンに次いで2番目に大きな都市ですが、歴史も古く、昔の面影と近代的な面が融和した、非常に見どころの多い町です。

2枚目:南ドイツの小都市・リンダウ。
港のように見えますが、ここは「ボーデン湖」に浮かぶ島にある町です。同じ南ドイツのミュンヘンから、日帰りで十分遊びに行ける町なので、特に夏期は観光地として人気があります。

(ドイツの地図はこちらをご覧下さい)

また機会があれば、続編を載せたいと思います☆

e_02.gif
よろしければ一票お願いしますm(_ _)m
[ 2006/06/21 23:42 ] 道外・海外 | TB(0) | CM(0)

留萌・黄金岬 

P6183425.jpg

P6183411.jpg

今回は留萌から。

この町の観光名所といえば何といっても「黄金岬」(地図)。ここはかつてニシンの見張り台で、夕陽を受けたニシンの群れが金色に輝いて見える様子から、このように命名されたということです(さすがヒカリモノ)。

その名の通り、やはりオススメは夕暮れ時。日本海に太陽が沈んで行く光景は、なかなかのものでした。



さてさて、今月はいつも以上のハイペースで撮影地紹介が続いているので、次回は気分転換に北海道以外の写真を、いつもと違う雰囲気で載せたいと思います☆
e_02.gif
よろしければ一票お願いしますm(_ _)m

春を迎えた神仙沼 

P6112960.jpg

P6112945.jpg

岩内とニセコを結ぶ「ニセコパノラマライン」が、冬期間の通行止めを終え、6月1日から開通しています。

このパノラマラインの中でも最も人気のある観光スポットは、何と言っても「神仙沼」。駐車場から山の中へ入り、徒歩15分ほどで到着します(地図)。

ここは雪解けが遅く、遊歩道の一部はまだ残雪で覆われていました(6/11時点)。その脇には水芭蕉が咲いていて(写真)、本当に「遅い春」を体感できます。夏になればまた雰囲気が変わるので、7~8月になったらまた行ってみたいですね。

e_02.gif
よろしければ一票お願いしますm(_ _)m
[ 2006/06/19 10:28 ] ニセコ周辺 | TB(0) | CM(0)

白金温泉・白髭の滝 

P6153190.jpg

美瑛市街から約20分のところにある温泉街・白金温泉。ここの中心部にあるのが「白髭の滝」です(地図)。

この滝は川が流れ込んでいるのではなく、地表の岩肌に湧き出た水が、そのまま美瑛川に流れ込んでいるもので、非常に神秘的かつ迫力ある眺めが楽しめます。

また、ここは温泉成分が流入している関係で、川の水がエメラルドグリーンやブルーに見えることでも知られています。

「丘」のイメージばかりの美瑛町ですが、少し足を伸ばせばこういう光景が見られるというのもまた、ここの魅力でもあります。

e_02.gif
よろしければ一票お願いしますm(_ _)m
[ 2006/06/18 01:12 ] 美瑛周辺 | TB(0) | CM(0)

美瑛『クリスマスツリー』 

P6052585.jpg

美瑛でも夕日スポットのひとつとして有名なのが、クリスマスツリーの形をした、この木の周辺です(地図)。

写真集などで見かける、空が真っ赤に染まる瞬間を自分でも撮りたいといつも思うのですが、なかなかタイミングが難しいですね。ピーカン時より雨上がりなどの方が劇的に染まったりしますし。

ところで、ここは殆どの観光ガイドに「クリスマスツリーの木」として掲載されていますが、『ツリーの木』という表現に抵抗を感じるのは自分だけでしょうか…?

e_02.gif
よろしければ一票お願いしますm(_ _)m
[ 2006/06/17 00:01 ] 美瑛周辺 | TB(0) | CM(0)

道東編・まとめ 

P6042379.jpg
<ワッカ原生花園>

P6042438.jpg
<能取岬・美岬牧場>


約10日間にわたって、道東方面をメインに記事を更新してきましたが、今回は、実際に僕がどのように走り回ったかをまとめます。それぞれ、ブログの記事にリンクしていますので、ドライブコースを考える際などにご参照いただければ幸いです。

かなりの強行日程だったので参考にならないかも知れませんが…(--;)
---------------------------------------------
【旭川起点・2日半】
旭川
↓(R39:約90分)
層雲峡:流星銀河の滝黒岳ロープウェー
↓(R39→R273:約80分)
滝上:芝桜公園
↓(R273→R713→R238→R242:約80分)
上湧別:チューリップ公園
↓(R242→R238:約60分)
常呂:ワッカ原生花園
↓(R238→R76:約45分)
網走:能取岬美岬牧場
↓(R76→R244:約30分)
小清水町:小清水原生花園
↓(R244→R238:約90分)
常呂:サロマ湖展望台
↓(R238:約70分)
紋別:オムサロ原生花園
↓(R238→R239:約60分)
西興部:フラワーパーク花夢
↓(R239:約20分)
西興部:行者の滝
↓(R239→R40:約120分)
旭川
---------------------------------------------
なお、「モデルコース」のカテゴリーを新設し、今後はこういう記事をひとまとめにして行きたいと思います。

e_02.gif
よろしければ一票お願いしますm(_ _)m
[ 2006/06/16 16:46 ] 「まとめ」記事 | TB(0) | CM(0)

【西興部】行者の滝 

P6052546.jpg

西興部村の中心部から少し車を走らせると、「行者の滝」の看板が目に入ってきます。ここから山の中へ約5km入ったところに、この滝はあります(地図)。

明治時代、難病治癒の祈願のため、女性の行者がこの滝に打たれていたという実話から、このような名前が付けられました。

それ程大きな滝ではありませんが、周囲の静けさと相まって、独特の雰囲気を醸し出しています。毎年7月19日には「行者の滝まつり」が行われているとのことです。

ちなみにこの写真、帰宅してからレンズの水滴が写り込んでることに気づきました。。とほほ(>_<)

e_02.gif
よろしければ一票お願いしますm(_ _)m

【西興部村】道の駅フラワーパーク「花夢(かむ)」 

P6052519.jpg

今回ご紹介するのは、紋別-名寄間にある「西興部(にしおこっぺ)村」の道の駅です(地図)。

ここは建物の裏がフラワーガーデンになっていて、春はクロッカスや水仙、夏になるとラベンダーなどが一面に咲きます。
訪れた日はちょうど花の植え替えの時期で、芝桜が辛うじて見られる程度でしたが、これから夏にかけて、また美しく彩られることでしょう。


それから、ここの最大の目玉は、通称「森のオーケストラ」。それが以下の写真です。
P6052541.jpg

P6052537.jpg

森のオーケストラ「音・木・林(おとぎばやし)」は、木製の笛を何十本も組み込んだ、大きなからくりオルガンです。夏期は30分に一度、人形が音楽に合わせて動きます。まるで本当に人形たちが演奏しているかのような気分にさせてくれる、とても素晴らしいものでした。これはオススメです!

大人から子供まで楽しめる、とても素敵な道の駅だなと感じました。

e_02.gif
よろしければ一票お願いしますm(_ _)m

紋別・オムサロ原生花園 

P6052494.jpg

オホーツク海沿岸には多くの原生花園が点在していますが、紋別市を代表する原生花園のひとつが、ここ「オムサロ原生花園」です(地図)。

渚滑(しょこつ)川河口の砂丘地帯に1kmに渡って広がる天然の花畑で、夏期はハマナスの群落として知られています。また、冬期は流氷の観察スポットとしても有名です。

ハマナスの他にも、写真の「ハス池」を中心に、エゾカンゾウやエゾスカシユリなど、延べ50種類以上の花が咲くと言われています。見頃は7月上旬から8月にかけてです。

なお、園内に設立されている「オムサロ・ネイチャー・ビュー・ハウス」の2Fには展望室が設置されており、そこから原生花園やオホーツク海を一望することができます。

e_02.gif
よろしければ一票お願いしますm(_ _)m

平取町・芽生すずらん群生地 

P6123062.jpg

今回は、道南の平取(びらとり)町での写真を掲載します。

北海道を代表する花といえば「すずらん」ですが、野生のすずらんの群生地として日本一の面積を誇る場所が、ここ平取町の芽生(メム)にあります(地図)。

ここでの開花時期は、毎年5月下旬から6月中旬にかけて。一般開放は、今年は明後日15日(木)までとなっています。

さすが日本一だけあって、これでもかという位の花を観賞できます。周囲はすずらんの微かな香りに包まれ、とても居心地の良い場所でした。

e_02.gif
クリックして頂けると励みになりますm(_ _)m
[ 2006/06/13 02:42 ] 【道南】胆振・日高 | TB(0) | CM(0)

サロマ湖展望台からの景色 

P6042479.jpg

道東のサロマ湖は日本で3番目に大きいだけあって、その全体を見ることはなかなかできません。しかし唯一、湖全体を見渡すことが出来るのが、このサロマ湖展望台です(地図)。

徒歩の場合は、道の駅「サロマ湖」からの登山となり、約1時間で到着します。車の場合は、道の駅手前から山側へ入り、未舗装道路を約5Km走ると辿り着きます(道幅が狭いので、対向車には十分注意して下さい)。

この日はあいにく薄曇りでしたが、天気が良ければ、遠くに知床連山を望むこともできます。昼間でも夕暮れ時でも、十分に楽しめる場所だなと感じました。

e_02.gif
クリックして頂けると励みになりますm(_ _)m

小清水原生花園 

P6042452.jpg

P6042464.jpg

網走市から約20分のところにある小清水町。その中で、オホーツク海と濤沸湖に挟まれた砂丘上の草原地帯が「小清水原生花園(地図)」です。

6月から8月にかけて、約2kmに渡って40種類以上の花が咲き、全体が鮮やかに彩られます。

訪れたときには、やっとクロユリが見られるようになっていました(写真下)、これから下旬にかけてハマナスやエゾスカシユリなどが咲き始め、もっとも美しい時期を迎えます☆

北海道遺産にも指定されており、この地域ではとくに人気のある観光地です。

e_02.gif
クリックして頂けると励みになります

能取岬・美岬牧場 

P6042439.jpg

前回取り上げた「能取岬」には、市営の「美岬牧場」があります。

天気が良ければ知床連峰を眺めることも出来る絶好のロケーションですが、この時期は馬や牛の放牧も行われていて、これがまたいい光景(馬を見たい場合は双眼鏡などの持参をオススメします
)。今月号の「じゃらん」でも紹介されていましたが、本当に美しい場所でした。

e_02.gif
クリックして頂けると励みになりますm(_ _)mいつも応援して下さっている方々、本当に有難うございます。

網走・能取岬 

P6042433.jpg

P6042436.jpg

前回ご紹介した二ツ岩からしばらく車を走らせると、能取岬へ辿り着きます(地図はこちら)。

見渡す限りの青い空、そしてオホーツク海の雄大な眺め・・・その全てを満喫できる、絶好の景観スポットです。しかも冬になれば、流氷観察に最適な場所となります。

しかし、その割には観光客は少ない様子・・・。ちょっとした穴場かも知れないですね。


なお、ここにはもう一つの「名物」がありますが、それはまた次回ご紹介したいと思います☆
e_02.gif
1日1回クリックして頂けると励みになりますm(_ _)m

網走・二ツ岩 

P6042422.jpg

網走市街から車を走らせること2、3分、能取岬へ向かう途中に目に飛び込んでくるのが、今回ご紹介する「二ツ岩」(撮影場所はこちら)。

ここはとりたてて目立つ岩というわけではないのですが、実際に見て驚いたのが、波が全くないこと。この辺りは波打ち際に海藻が生えているせいか、わずかの波であれば海岸まで届かないようです。そのため、まるで海が鏡のように見えるという、不思議な光景を目の当たりにすることができました。もちろん強風時には波が立ちますが、天気が良くて風も弱い日なら、かなりの確率で、このような景色に出会えることでしょう。

また、ここは日の出撮影の名所でもあります。今回は昼間に訪れたので見られませんでしたが、機会があればぜひここで朝日を拝んでみたいものです。

e_02.gif
1日1回クリックして頂けると励みになりますm(_ _)m

【サロマ湖畔】ワッカ原生花園 

P6042361.jpg

P6042418.jpg

日本で3番目、北海道で最大の湖・サロマ湖とオホーツク海に挟まれた場所にあるのが、「ワッカ原生花園」(地図)。幅200~700m、長さ約20kmにおよぶ、日本最大級の原生花園です。

ここを全て廻るには、レンタサイクルが一番良いでしょう。時間制限無しで、1日500円で利用できます。

この原生公園、奥へ進むと、何故か真水の湧き出す場所があります。サロマ湖は海とつながっており、周囲は全て海水なのに、不思議です・・・。そしてこの真水(アイヌ語で"ワッカ")が、この公園の名前の由来となっています。

これから秋にかけて、延べ300種類の花が咲くと言われています。今の時期はちょうど、センダイハギという黄色い花が多く咲いていました(写真下)。人工的に手入れされた花畑も美しいですが、こういう野生の花に囲まれた場所はそれ以上に良いものです。ぜひまた行ってみたいと思いました♪

e_02.gif
よろしければ一票お願いします…

【大雪山】黒岳5合目からの眺め 

P6032125.jpg

P6032161.jpg

今回は、大雪山系の黒岳中腹からの眺めです(地図)。

といっても、この5合目までは、層雲峡温泉からのロープウェーで簡単に来ることができます。さらに、ここから7合目まではリフトも運行されていますので、登山の経験がなくても、かなり上まで来ることが可能です。

これからの季節は花も咲き始めるほか、秋になれば素晴らしい紅葉を拝むことができるので、登山好きでなくとも一度は来る価値ありだと思います☆

なお、今現在、ロープウェーの下り最終便は19時です(季節によって異なるので必ずこちらで確認を)。夕日が沈んでゆく景色には素晴らしいものがありますが、それに気を取られていると最終便を逃してしまうのでご注意を(^_^;)

e_02.gif
よろしければ一票お願いします…

流星・銀河の滝 

P6032100.jpg

層雲峡温泉から約3分、車で北見方面へ進むと、右側に壮大な断崖絶壁が見えてきます。その岩肌を流れ落ちているのが、「流星の滝」と「銀河の滝」です(地図はこちら)。

先日紹介した「羽衣の滝」とともに上川地方を代表する滝で、日本の滝100選にも選ばれています。

向かって右側が「流星の滝」。落差は約90mで、水が一気に落ちて行く直下瀑。それに対して左側の「銀河の滝」は落差120m、途中から白糸のような繊細な水流になる段瀑です。こうした特徴から、それぞれ「雄滝」「雌滝」とも呼ばれます。

ただ、普通にここへ近づいても、2つの滝を同時に眺めることは出来ません。写真のような光景を眺めるには、正面の山を約400m上った所にある展望台へ行ってみましょう。ここまで登るのは少し大変ですが、その分、最高の景色を味わうことができます。

e_02.gif
よろしければ一票お願いします…







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。