スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

親子鹿 

_DSC3758.jpg
先月上旬に知床へ行ったときに遭遇した鹿の家族です。
知床へ行くと必ずといって良いほど、エゾシカを見かけます。

ただ、知床では増えすぎたエゾシカによる草木の被害が深刻化しているため、彼らの群れを見るたび、複雑な気分にさせられます…。

ブログ村 風景写真ranking

Nikon D300 + SIGMA 100-300mmF4.0

うん~・・

写真の彼らの瞳は真っ直ぐで無邪気ですね。
そんな彼らが害獣なんて・・。
真の被害者は鹿の方なのにね。。
今の状態を招いたのは人間の方なんで複雑です・・。

そう思うとこの写真は他のものとは違った価値感があると思います。
メッセージ性があるというか、
彼らのコトをもっと考えてあげなけれと色々と考えさせられます。
[ 2009/04/10 14:00 ] [ 編集 ]

こんばんは~♪
そうそう、北海道はときどき、この
鹿さんに、会えるんですよね~♪
私も、道東のほうへ、行ったときは、群れで
見ましたよ。
確か、国道って、地図には、書いてあったんですが、
すごい道で、途中不安になるような、道だったのを
覚えています~。
群れは、迫力あって、目の前で見れて、
印象深かったですねぇ。。。

でも、この鹿さん。榊山さんのことを、見てませんか?
かわいい~。
[ 2009/04/10 21:49 ] [ 編集 ]

>itsukiさん
鹿自身は生きるために必死なだけですから、何の罪もないですね。
この鹿の増殖は、知床の観光地化とも無関係ではないと言われてます・・・。

とはいえ、知床特有の貴重な植物が危機に陥っている状態を放っておいて良いのかという議論もあるわけで、これまた難しいところです。
色んな意味で、知床で鹿の群れを見るたび複雑な気持ちにさせられます。

>ロイヤルブルームーンストーンさん
はい、しばらくこちらを見ていました。望遠レンズで撮っていたんですが、やはり鹿からすると気になるんでしょうね。
北海道では思わぬ場所で鹿が見られることがあるので、運転中は要注意ですね^^;
[ 2009/04/10 23:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://schatzkiste.blog18.fc2.com/tb.php/1123-3e418bbf









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。