スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

LEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mmF2.8-3.5ASPH. 

このブログでは本当に久しぶりのカメラネタです。
今回は、パナソニックのL1についてくる『made in Japanのライカレンズ』こと、LEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mmF2.8-3.5について。
PB201894.jpg

OLYMPUS E-1 + LEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mmF2.8-3.5ASPH.

ひょんなことから、このレンズをE-1につけてみる機会があったので、ちょっとした感想を書きたいと思います。それほど枚数は撮っていないので、画質については割愛します。

まず、大きさは意外とずっしり。僕は普段、E-1に縦グリをつけているので、ボディとのバランスは良好です。

早速数枚試し撮りしてみましたが、ズーミングの操作も違和感なく、すっとなじむことができます。しかし、オートフォーカスについては、オリンパス純正の松レンズや竹レンズの方が早いように感じました。加えて、フォーカスリングの操作感が軽いため、MF時にはどことなく頼りない感じを受けてしまいます。

そして、このレンズを使う最大のメリットでもある手ブレ補正機能。これは、明らかに効果を実感できます。テレ側なら1/20s程度、ワイド側なら1/10sでも何とかなってしまいそうな印象なので、他のレンズとは大違いです。今までの半分以下のシャッター速度で使えるので、手持ち撮影の幅はぐっと広がるでしょう。

こう考えると、ポートレート撮影なんかには非常に適したレンズといえるかと思います。逆に、風景で三脚を使うことが多ければ、あえてこのレンズを使うこともないのかなというのが正直な感想です。

それから、現在は相変わらずL1とのセットでしか入手できないのですが、これにはかなり疑問。こんな販売方法を採るのなら、最初からフォーサーズに参入なんかしないで、ライカマウントで勝負すればよかったのに(笑)まあ、ボディの方がE-330の技術を流用しているので、裏でいろいろ利害関係が絡んでいるんでしょうね…。

ただ、このL1のボディ、レンズを外してしばらく観察していましたが、オリンパスのどのレンズをつけても、あまり似合いそうにありません(^^;)
どうやらL1の場合、このレンズとセットになって初めて、お互いの良さが引き出されるよう仕組まれているみたいです。


FC2・北海道ブログランキング
[ 2006/11/26 23:59 ] 製品情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://schatzkiste.blog18.fc2.com/tb.php/391-6d7bec35









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。